So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

続日本百名城の一つ「大垣城」 [城]

スポンサードリンク




続日本百名城の一つ「大垣城」へ行ってきました。
メインの関ケ原のすぐ近くだったので寄ってみることにしました。

前日に下調べをしていたところ、寡聞にして知らなかったのですが
大垣城は新設された「続日本百名城」の一つでした。史跡回りを
ライフワークとしているわたしとしては、絶対に抑えておきたいところ。
しかもスタンプ帳まで発売されており、スタンプ帳をゲットしたうえで
なんとしてもスタンプを押しておきたい。

ただ、下調べをしていたのは前日の夜間。(もっと余裕をもって調べとけ!)
しかも、当日の出発は始発。目的地は岐阜のかなり田舎。大きい書店に寄ることが
難しく、スタンプ帳の入手が危ぶまれる状況。
とりあえずそこそこにぎわっている大垣駅近辺で探すことにしました。

そしたら関ケ原駅前の土産物店であっさりゲット。よかった、よかった。
DSC_0001.JPG


関ケ原、大垣あたりで地元料理を味わおうとネットで探したのですが
これって言うのが特になく、どうも有名らしかったのが、この中村屋の
つけ麺だったので、ここに来てみました。
DSC_0463.jpg


つけ麺を食べたことがないってことはないと思いますが、記憶にないぐらいだいぶ
昔に数えるほどぐらいにしか食べたことがありません。久しぶりに食べましたが
けっこういけました。若干酸味が効いていたような気がします。
DSC_0475.jpg


大垣城です。別名「麋城」というそうです。
DSC_0597.jpgDSC_0509.jpgDSC_0521.jpgDSC_0524.jpg


天守からの眺めです。
DSC_0534.jpgDSC_0550.jpg


戸田氏鉄の銅像です。徳川家康につかえ、関ケ原の戦い、大坂の陣、島原の戦い等に
従軍し、軍功をあげました。江戸時代の初期に戸田氏鉄が移封され、その後明治時代まで
戸田氏が大垣城を治めました。戸田氏大垣藩の初代で、その藩政の成功を称え
この銅像が建てられたそうです。
DSC_0575.jpgDSC_0573.jpgDSC_0580.jpg


吉岡吉次郎の像です。明治から昭和初期にかけて、主に治水に貢献をしたそうです。
DSC_0490.jpg


駅前の老舗和菓子屋です。せっかくなんで食べました。
DSC_0611.jpgDSC_0605.jpg


スタンプです。
DSC_0004.jpg


「百」は日本百名城
「続」は続日本百名城
「し」は全国城郭管理協議会指定の城
<北海道>
 百   五稜郭   2002年10月16日 

<東北>
 百し  弘前城   2003年2月14日 

<関東>   
 百   八王子城 2010年12月17日 スタンプ取得
 百   江戸城   2010年12月17日 スタンプ取得
 百し  小田原城 2009年11月7日  スタンプ取得

<中部・北信越>
 百   山中城   2009年5月10日  スタンプ取得
 百し  掛川城   2009年4月26日  スタンプ取得
 百   駿府城   2009年3月15日  スタンプ取得
 続   高天神城  2017年7月5日
     横須賀城  2017年7月5日
 続し  浜松城   2008年9月13日 
     二俣城   2008年9月15日
 百し  松本城   2007年12月24日
 百   長篠城   2017年8月16日 スタンプ取得
 続   吉田城   2012年3月25日
 百し  岡崎城  2009年10月11日  スタンプ取得
 百し  名古屋城 2009年3月12日  スタンプ取得
   し  清洲城  2011年10月8日
 百し  犬山城  2008年7月1日   スタンプ取得
 百し  伊賀上野城 2008年2月17日 スタンプ取得
 続し  津城    2009年10月11日
 百   松阪城  2009年10月11日 スタンプ取得
 百   岩村城  2008年7月12日  スタンプ取得
 百し  岐阜城  2008年7月11日  スタンプ取得
 続し  大垣城  2018年9月15日  スタンプ取得
 
<関西>
 百   小谷城  2017年9月16日 スタンプ取得
 百し  彦根城  2012年10月6日 スタンプ取得
 百   安土城   2016年9月17日 スタンプ取得
 百   観音寺城 2016年9月17日 スタンプ取得
 百し  二条城  2003年4月26日
 百し  大阪城  2002年5月11日
 百し  竹田城  2003年9月9日
 百し  和歌山城 2003年9月10日
 百し  姫路城  2003年1月30日
 
<中国・四国>
 百し  松江城  2003年3月21日
 百   月山富田城 2003年3月20日
 百し  松山城  2004年2月17日
 百し  高知城  2005年7月10日
 百し  岡山城  2011年10月10日 スタンプ取得
 百   津山城  2011年10月10日 スタンプ取得

<九州・沖縄>
 続し  小倉城  2004年4月1日
 百し  熊本城  2003年4月14日
 百し  首里城  2002年9月18日
nice!(18)  コメント(0) 

9月15日関ケ原古戦場に行ってきました。Part 3(全3) 島津義弘陣跡~徳川家康最後陣地 [遺跡]

スポンサードリンク




(続き)

笹尾山の次は島津義弘陣跡に向かいました。

関ケ原の戦いでは、島津家は西軍として参加しました。
西軍が敗色濃厚になると、何を思ったか島津義弘は後退するのではなく
逆に敵中に突撃していきました。有名な「島津の退き口」です。

これは、敗色濃厚になり敗れて生き恥をさらすぐらいなら
武士らしくここで散ろうという考えで突撃した結果、運よく
生き残ったというわけではなく、味方が総崩れで敵が前のめりに
なっているところに敢えて突撃することによって、活路を見出そう
という深い考えのもと行われたようです。

「島津の退き口」については、負けそうになってから、正面突破して
退却していった、ということを知っていた程度で、詳しくは知らなかったのですが
ここに来る直前にNHKの「歴史秘話ヒストリア」でもろに取り上げられていたので
今回寄ってみることにしました。今は何があるってわけでもないんですが。

標識です。
DSC_0356.jpg


到着です。
DSC_0361.jpg


記念碑です。
DSC_0363.jpgDSC_0381.jpg


有名な「島津の退き口」について解説しています。
DSC_0376.jpgDSC_0367.jpgDSC_0372.jpg


若い時ゲームで「信長の野望」やりましたが、島津家でよくやってました。
九州のはじっこで、背後を気にする必要がないうえ、能力の高い武将もけっこういたので
なかなかやりやすかったからです。

最後は、徳川家康最後陣地へ行きました。
都合上最後に立ち寄りましたが、関ヶ原町民俗資料館のすぐ前です。
戦いの直後、ここで首実検、慰霊などを行ったそうです。
DSC_0388.jpgDSC_0393.jpgDSC_0397.jpgDSC_0402.jpgDSC_0403.jpg


歴史のIFはきりがないわけですが、もしも豊臣秀頼が出陣していたら
結果は変わったのではないか、と関ケ原の戦いを考えるときいつも思ってしまいます。

関ケ原の戦いが行われた9月15日というだけあって、駅に戻ったら
観光目的と思われる大勢の人がいました。あいにくの雨でしたが。
nice!(17)  コメント(0) 

9月15日関ケ原古戦場に行ってきました。Part 2(全3) 関ケ原古戦場決戦地~笹尾山 [遺跡]

スポンサードリンク




(続き)

関ケ原町民俗資料館を出て、笹尾山に向かいました。
笹尾山は、西軍の事実上の総大将であった石田三成が陣を構えたところです。

笹尾山の石田三成の陣地はこちら。

笹尾山へ向かう途中にあった交番です。なんだか雰囲気は出てます。
DSC_0157.jpg


こういった看板等がそこかしこにあるので、観光はしやすくなってます。
DSC_0160.jpgDSC_0162.jpgDSC_0166.jpg


決戦地、笹尾山に向かう道中です。雲というか霧がかかっています。418年前の合戦時も
こんな天候だったそうです。そういう意味では天候に恵まれたのかもしれません。
DSC_0207.jpgDSC_0212.jpgDSC_0217.jpg


決戦地です。
DSC_0223.jpgDSC_0345.jpg




笹尾山の麓です。
DSC_0241.jpgDSC_0253.jpgDSC_0255.jpgDSC_0248.jpgDSC_0236.jpgDSC_0257.jpg




笹尾山を登るとこうなってます。
DSC_0306.jpgDSC_0267.jpg


展望台からの景色です。418年前のこの日にはおよそ20万もの軍勢が
眼下にひしめき合っていたわけですね。
DSC_0326.jpgDSC_0280.jpgDSC_0283.jpg




廃校になった学校だと思いますが、麓でコスプレできます。この日だけかも
しれませんが。時間がなかったので、断腸の思いで諦めました。DSC_0340.jpgDSC_0341.jpg

418年前石田三成が見つめていた景色を見ることができて、なかなか感慨深かったです。
nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -