So-net無料ブログ作成

2012年第8回浜松国際ピアノコンクールへ行ってきました。 [音楽]

スポンサードリンク




11月12日、国際ピアノコンクールの鑑賞に行ってきました。

浜松駅すぐとなりのアクトシティー中ホールで行われました。アクトシティーには大した用事も
ないのにちょいちょい行っているのですが、中ホールに入ったのは多分初めてだと思います。

本日は第一次予選でした。8人の方の演奏を聞いてきました。すべていわゆるクラシックに
なるんですかね?知っている曲はショパンの『英雄のポロネーズ』だけでした。
私にあまりにもクラシック、ピアノの素養がないため、どれだけすごいのかわからなかったのが
残念でした。

わたしは、普段聞くのは歌謡曲ばかりで、クラシックは時々しか聞きません。コンクールに
行った理由は、こういったクラシックのピアノコンサートに行ったことが今までなく、せっかく
近くで行われるから、という単なる好奇心だけでした。

アクトシティーです。しょっちゅう見ているので全然珍しくありません。地元の人からすると
こんなもんなんでしょうね。
SN3O0003.JPG


ショパンの像です。浜松市はショパンが育ったワルシャワと姉妹都市ということでこの像が
作られたようです。
SN3O0037.JPG
SN3O0024.JPG
SN3O0022.JPG
SN3O0019.JPG


中ホール前のパネルです。
SN3O0048.JPG
SN3O0049.JPG


メダルです。ホール入口付近に展示されてました。こんなメダルもらう機会一生ないでしょうね。
SN3O0052.JPG


チケットです。念のため前売り券を買っておきました。
SN3O0002.JPG


記念にということで、つい買ってしまいます。クリアファイルです。
SN3O0003.JPG



J-POPセレクション④ SUMMER SONG [音楽]

スポンサードリンク




とりあえず試験も終わり、勉強は継続していかなければなりませんが
どこかホットしているところです。ブログ更新の頻度をもう少しあげて
いこうと思います。

さて、梅雨はまだ続いていて、夏本番というわけではありませんが
暦のうえでは夏です。ということで夏といえばこの曲という曲を集めて作った
MDを聞いています。作った経緯については過去のブログを参照してください。
他のMD同様に季節が来ると毎年聞いています。

J-POPセレクション④ SUMMER SONG

1.夏を待ちきれなくて/TUBE
2.私の夏/森高千里
3.HIGH PRESSURE/T.M.Revolution
4.ジェット・コースター・ロマンス/Kinki Kids
5.世界でいちばん熱い夏/プリンセス・プリンセス
6.あなただけを/サザンオールスターズ
7.夏の日の1993/class
8.青い珊瑚礁/松田聖子
9.夏色/ゆず
10.ミュージック・アワー/ポルノグラフィティ
11.真夏の光線/モーニング娘。
12.BAN BAN BAN/KUWATA BAND
13.とまどい/GLAY
14.何も言えなくて・・・夏/J-WALK
15.瞳そらさないで/DEEN
16.secret base/ZONE
17.さよなら夏の日/山下達郎

おそらく作ったのが2001年の年末頃だと思いますので、もはやどれもかしこも
古く感じます。あれから8年が経つんですね。



J-POPセレクション③ 卒業ソング [音楽]

スポンサードリンク




昨日、今日はとても暖かく、ところによっては夏日のところもあったそうです。
いよいよ春がきたなぁ、と思いました。

春ということで少し早いですが、MDをあさって、卒業ソングを録音したMDをひっぱりだして
きました。毎年、春にはこのMDを聞いて春を感じます。

J-POPセレクション③卒業ソング
 1.想い出がいっぱい/H2O
    あだち充原作「みゆき」のエンディングテーマでした。再放送で見て知りました。
 2.卒業写真/荒井由美
    発売されたのはなんと私が生まれる以前の1975年だそうです。
 3.YA YA/サザンオールスターズ
    アルバム「happy」を購入して、聞くようになりました。
 4.さよならなんかは言わせない/B'z
    大学生活を背景とした歌詞となっているように思われます。アーティストで大卒は少なくて
    そのせいか学生の卒業をテーマとした歌は、だいたい制服云々の中高生を扱っているの
    がほとんどです。このため大学の卒業時に合う歌がなかなかありませんでした。
    作詞をした稲葉浩志は大卒です。
 5.Bye For Now/T-BOLAN
    中学のときにCDを買いました。ものすご~く何回も聞きました。
 6.卒業/尾崎豊
    大人への反骨精神を歌う尾崎豊の代表曲です。今聞くと当時の心境を思い出します。
    ただ、カラオケで歌うとやたら長いのでめんどくさくなります。
 7.Don't need to say good bye/鈴木あみ
    この歌はわたしが大学2年生のときに発売されました。サッカー部だったわたしは下級生で
    あったときも先輩を胴上げするために卒業式会場まで行っていました。この曲を聴くと自分
    の卒業というよりは、先輩たちを胴上げしていたことを思い出します。
 8.星になれたら/Mr.Children
    浪人しているときによく聞きました。次の春には、きっと浜松を離れるんだろうなと漠然と感じ
    ました。
 9.ありふれた言葉で/WANDS
    たしか中学3年のときの曲だったような。。。?
10.a Boy~ずっと忘れない~/GLAY
    社会に出るってこういうことかなと思いました。
11.嗚呼、青春の日々/ゆず
    この曲を聴くと、早く落ち着かなきゃと思ってしまいます。
12.Never Forget/モーニング娘。
    大学卒業時によく聞きました。
13.乾杯/長渕剛
    寮の追い出しコンパでみんなで歌いました。酒を飲むときは杯を必ず乾かさなければ
    なりませんでした。
14.また逢える…/KIX-S
    月9「君のためにできること」の挿入歌として使用されていました。ドラマのストーリーは
    ゴーストのパクリで見所はあまりないのですが、使用されている曲がこの歌といい
    小野正利の「You're the Only…」といい 、よかったです。
15.少年時代/井上陽水
    とりあえず名曲だったのでエントリーしてみました。
16.さよならだけどさよならじゃない/やまだかつてないWink
    今思えば、わたしが政治家になりたいと思うようになったのは山田邦子の影響が大きいです。
    1989年4月1日に消費税が導入されます。(当時は3%)わたしは小学5年生だったので
    さすがに消費税のことはよくわかりません。ただ、1円玉を急に多く使用するようになり、わず
    らわしく感じたうえ、物価が上がり、腹をたてていいました。
    (小学5年生にとっての3%は死活問題です。)その消費税に反対をして参議院選挙で勝利
    したのが土井たか子率いる社会党(今の社会民主党)でした。土井たか子はあの独特の声
    で演説をするわけですが、それを真似していたのが山田邦子でした。
    『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』で土井たか子のモノマネをする山田邦子を見て
    土井たか子のモノマネをしていました。小学校ではいかに土井たか子の独特の声をだして
    似た演説をするかを競っていました。
    というわけで、このときに消費税を廃止することを目標にして、政治家を目指そうと思うよう
    になりました。(ただ、今では必ずしも消費税に反対ではありません。)
    その後、大学進学の際には迷わず法学部に進学することを決意し、今でも法律の勉強を
    しているわけですから、あの時にわたしのその後の人生が決定付けられたと言えないでも
    ありません。


暖かくなって、勉強がしやすくなりました。春の音楽を聴きながら粛々と勉強します。      




なつかしのアニメソング [音楽]

スポンサードリンク




最近は動画サイトでなんでも見られるようになったので
ふと何か思い出すとすぐに何でも視聴することができてしまいます。

なんと静岡では「ど根性ガエル」が夕方に再放送されています。

東海圏、首都圏、関西圏のテレビ局ではもはやありえないでしょ!
さすが地方テレビ局。

というわけで、なんとなくアニメのことを思い出しました。


ドラゴンボール「摩訶不思議アドベンチャー!」
ttp://www.youtube.com/watch?v=5gcp29Ci4Ow&feature=related
わたしぐらいの世代でドラゴンボールを知らない人は皆無ではないでしょうか。
わたしはコミックを全巻もっています。まさにドラゴンボールとともに育ちました。

ドラゴンボール「ロマンティックあげるよ」
ttp://www.youtube.com/watch?v=U5xxIq3biq8&feature=related
大人になってから聞くほうが、なんだか考えさせられるような歌詞です。
たしかショコタンがカバーして、歌ってましたがそれは邪道です。認めません。

アニメ三銃士「夢冒険」
ttp://www.youtube.com/watch?v=1ZzWIvjYT7M
歌っているのは酒井法子です。内容も当然面白いのですが、フランスの歴史や文学を
知ることができるという意味では、さすがNHKと思います。実際わたしは高校生に
なってから、原作の三銃士を読んでいます。もちろん、日本語訳ですが。
アニメではオリジナルストーリーで、三銃士の一人アラミスが女性となっています。
「ONE FOR ALL,ALL FOR ONE(ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために)」は
有名な言葉です。

ふしぎの海のナディア「ブルーウォーター」
ttp://www.youtube.com/watch?v=8kAjDuRRWWQ
アニメ三銃士の次の次の作品です。やはり同じくフランスの作品「海底2万マイル」と「神秘の島」
が原作のようです。ただ、ノーチラス号が出てくるぐらいで、内容はまったく違います。
アニメ三銃士とふしぎの海のナディアは、かなりの名作と勝手に思っているのですが
いかんせんNHKということもあり、民放のなつかしのアニメに関する番組にはまったく
登場しません。また、放送期間が短く、実際知名度が低いようです。

YAWARA「ミラクルガール」
ttp://www.youtube.com/watch?v=kAmMSDlXtv4
実はアニメはあまり見てませんでした。しかし、コミックは全巻買いましたし、何回も読みました。
やわらがバルセロナオリンピックの柔道48キロ級と無差別級で優勝するところは何度読んでも
感動します。

タッチ「タッチ」
ttp://www.youtube.com/watch?v=dnwaguiLG9o&feature=related
これもコミックを全巻買いました。青春アニメの代表作です。野球の内容としては、ストレート
だけで甲子園まで優勝してしまうという考えられないものとなっています。しかし、新田との
勝負は引き込まれました。

シティーハンター「愛よ消えないで」
ttp://www.youtube.com/watch?v=x3FOO3WQKy0&feature=related
シティーハンター「GET WILD」
ttp://www.youtube.com/watch?v=r-h7bf86Ydk&feature=related
ストーリーはいたって単純で、美女がらみの依頼がシティーハンターこと冴羽獠に入り、事件を
解決していくというものです。感動したというわけではありませんでしたが、主題歌や内容に漂う
都会じみた空気感がよかったです。今思えば、当時はバブルの頃だったので、そんな空気も
包含していたのだと思います。子供でしたし、田舎者だったので、都会じみた空気感が新鮮
だったのだと思います。

魔神英雄伝ワタル「STEP」
ttp://www.youtube.com/watch?v=_jutXa8PhlI
かなり好きだったのですが、放送時間がたしか17時頃という非常に中途半端な時間だったため
見逃すことがしばしばありました。けっきょく最終回見てないんじゃないかな?


わたしが子供だった頃は19時代はアニメばかりだったのですが、今日はめっきり減って
しまいましたね。もはやアニメなど自分は見ないわけですが、アニメとともに育ったわたしと
しては、アニメが人を育てるという要素もあるのではないかと思います。
雑誌の発行部数も落ちていますし、なんで漫画・アニメが衰退しているのでしょうかね?

J-POPセレクション② クリスマスソング [音楽]

スポンサードリンク




2001年の秋に作成したJ-POPセレクション②クリスマスソングです。
いよいよクリスマスシーズンになってきたということで例年通り
当該MDを聞きながら勉強です。
(作成経緯については、「J-POPセレクション①」を参照)

J-POPセレクション②クリスマスソング
 1.クリスマス・ラブ/サザンオールスターズ
 2.遠い街のどこかで.../中山美穂
 3.恋人がサンタクロース/松任谷由美
 4.クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一
 5.聖なる鐘がひびく夜/たんぽぽ
 6.今宵二人でX'mas/CHAGE and ASKA
 7.雪のクリスマス/DREAMS COME TRUE
 8.ゲレンデがとけるほど恋したい/広瀬香美
 9.White Love/SPEED
10.シンデレラ・クリスマス/KinKi Kids
11.My Baby Grand/ZARD
12.永遠をあずけてくれ/DEEN
13.今夜はHearty Party/竹内まりや
14.I Wish/L'Arc〜en〜Ciel
15.クリスマス・イブ/山下達郎
16.いつかのメリークリスマス/B'z

ほかにも収録したい曲があったのですが、80分という制限があるため
しぼりこみました。作ったのが2001年であるため、それ以降のよい曲は
当然収録されておりません。

そのほかのお気に入りとしては

 DEAR..again/広瀬香美
 メリクリ/BoA
 My Gift to You/CHEMISTRY
 冬がはじまるよ/Every Little Thing(元々槇原敬之の曲です。)

これらの曲を聴くと、「クリスマスの時期だな~」と感じます。



J-POP セレクション① [音楽]

スポンサードリンク




わたしは大学の時、体育会サッカー部に所属しておりました。
4年生の秋のリーグ戦が終わると引退です。すると11月からとっても暇になります。
単位はそろっているので、授業に出る必要はありませんし、就職も決まっていました。

そこで暇つぶしにやっていたのが、お気に入りの音楽だけを集めて、MDに収録する
という作業をしていました。今でもそれを聞いています。いくつかありますが、その1つ
を紹介します。

J-POPセレクション①
 1.優しい雨/小泉今日子
 2.永遠/ZARD
 3.M/プリンセス・プリンセス
 4.Hello,my friend/松任谷由実
 5.PIECE OF MY WISH/今井美樹
 6.You're My Only Shinin' Star/中山美穂
 7.未来予想図Ⅱ/DREAMS COME TRUE
 8.愛が止まらない/Wink
 9.You/浜崎あゆみ
10.長い間/Kiroro
11.fragile/Every Little Thing
12.カブトムシ/aiko
13.FINAL DISTANCE/宇多田ヒカル
14.恋に落ちて/小林明子
15.会いたい/沢田知可子
16.Squall/松本英子

マイベストというわけではありません。テーマはとくにありませんが
作ったのが秋だったということもあり、わりと落ち着いた曲で、ボーカルが
女性という曲を選抜しました。

古い曲もありますが、だいたいはその曲を聞くと当時のことが思い浮かぶという
思い出の曲です。