So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

簿記2級落ちてました。(2016年11月20日) [資格]

スポンサードリンク




簿記2級を受けてきました。結果は66点で、合格点に4点及ばず不合格でした。

工業簿記にかなり不安があったのですが、結果的には工業簿記が出題される
第4問、第5問は満点でした。直前の追い込みが功を奏したようです。

逆に割と自信があった商業簿記が崩壊。第2問で手間取ったことが全てだったと思います。

私は完全独学で、1ヶ月ほどで詰め込んだので、あんまりよく知らないのですが
試験後にネット等で調べてみたところ、どうも第2問は新傾向の問題だったようです。

どうりで見たことないと思いました。たしかに見た瞬間に「なんだこれ?」と思ったわけですが
丁寧に仕訳して考えていけば出来るだろうと思い、のろのろ、のろのろやっていたら
あっという間に時間が過ぎてしまい、第3問を解く時間がなくなってしまいました。

時間をかけても、正解していれば良いわけですが、6点…
で、第3問はほとんど時間がなく、かなり中途半端に終わってしまいました。4点…

第1問は仕訳を一問しくじったらしく、16点。これも悔やまれる。

というわけでまとめると

第一問 16点
第二問 6点
第三問 4点
第四問 20点
第五問 20点
合計  66点

社会人として財務諸表ぐらい簡単にでも読めなきゃなと思い、10年以上前に
3級を取りました。その後、2級も取ろう取ろうと思いながら、今日に至りようやくその気に
なったのですが、あえなく撃沈。また、がんばります。

会場の浜松商工会議所。近くに母校があったので、そばはよく通過していましたが
中に入るのは多分初めて。
DSC_0139.jpg


試験場入口です。10階でした。エレベーターが混雑します。
DSC_0111.jpg


北側の景色です。窓越しです。
DSC_0097.jpg


西側の風景です。ブラインド付きの窓越しなうえ、日光のせいで変な写り方してます。
DSC_0104.jpg


来年の大河ドラマの主人公井伊直虎のPRです。井伊家が赤備えで有名になったのは
小牧・長久手の戦い(1584年)以後なので、井伊直虎(1582年没)はあんまり関係ないんです
けどね。ま、こういうのは雰囲気が大事ですからね。
DSC_0118.jpg



毎年恒例のOB会(2016年) [イベント]

スポンサードリンク




大学生の時に住んでいた寮のOB会へ行ってきました。

毎年私が幹事なので、私は必ず出席です。

もう建て替えてしまったので、旧寮はありませんが当時は6畳ほどの2人部屋で家賃
月700円でした。台所、洗面台、風呂は共同です。諸経費を入れるとだいたい3500円ぐらい
でした。学生運動の頃の名残で、学生自治というものが残っていて、大学側もおいそれと
寮費を引き上げることができなかったそうです。古き良き時代ってやつですかね。

だいたいここ。何年かに一度名古屋駅付近で行うこともあります。
DSC_0427.jpg


広島在住のOBにもらいました。とにかく今年は広島が熱い。
DSC_0429.jpg DSC_0428.jpg


飲み会の後は必ず味仙の台湾ラーメン。名古屋名物の台湾ラーメン。
DSC_0430.jpg


最後はカプセルホテルでお風呂に入って雑魚寝。毎年同じ。
DSC_0431.jpg


卒業して10年以上が経ちますが、こうして全国から年に一度だけ集まり
旧交を温めることができることはすばらしいことだと思います。皆さん特に大過もなく
過ごされているようでなによりでした。逆に結婚したとか、子供が生まれたとか
めでたいお話が多かったです。

もっと人が集まるように工夫しろという手厳しい声もありました。(汗)
がんばります。

日本百名城の一つ「観音寺城」 [城]

スポンサードリンク




日本百名城の一つ「観音寺城」へ行ってきました。

築城年代はよくわからないようですが、南北朝の争乱期の1335年頃の出来事が
太平記に記述されていて、その頃には存在していたようです。

戦国時代中期、織田信長が上洛する際に観音寺城を当時治めていた六角氏を
攻め滅ぼし、その後廃城になってしまったそうです。

滋賀県近江八幡市安土町にあります。車でそばまで行くことができるのですが
私はもちろん徒歩です。


ひたすらこうした上り坂が続きます。
DSC_0361.jpg


繖山中腹からの安土駅方向の景色です。
DSC_0359.jpg


観音正寺直前の階段です。これもけっこう長くて、傾斜もきつく、大変でした。
DSC_0368.jpg


観音寺城の本丸跡も写真を提供できたらよかったのですが、不覚にも
バッテリー切れで写真を撮ることができませんでした。本丸付近は石垣が
残るのみで、建物はありません。観光用に整備もされておりませんので
鬱蒼と樹木が茂っているだけでした。私以外は誰もいませんでした。
暗くなると危険なので、暗くなる前に帰られることをお勧めします。

戦国時代以前からある城ということで、石垣の積み方が戦国時代末期に建てられた城の
石垣よりもだいぶ甘いように感じました。

入口は2箇所あります。

1箇所目は、観音正寺を通過していくルートです。観音正寺のなかに観音寺城に
通じる入口がありますが、観音正寺に入らなければなりませんので
拝観料500円かかります。
DSC_0384.jpg


もう1箇所は、写真があればよかったのですが、観音正寺に通じる山道の中腹あたりに
直接観音寺城に通じる道があります。こちらの道を行けば、観音正寺の拝観料を
払わずに直接観音寺城に行くことができます。これは別に無銭見学でもなんでもありません。
観音寺城自体は無料ですから。
ただ、こちらの道は帰りに通ってきましたが、大変険しいです。人一人なんとか通れるぐらいの
ところもありました。崖ではありませんので、踏み外して、落下するというような危険はありませ
んが、蜘蛛の巣だらけですし、一応木製の階段がありましたが、経年劣化や自然現象等に
より損傷がだいぶひどかったです。かなり頻繁に木々に赤い紐の目印があって、誘導
してくれているので、明るいうちであれば、遭難することはないと思います。
山道の中腹からの脇道は標識すら立っていないので、初めての人はそこが城へ通じる道と
気づかないと思います。

邪推ですが、城跡に行くためには、観音正寺を通らざるを得ないようにあえてこの道を
荒れ放題でも放置しているのではないかと思いました。

スタンプは、石寺楽市会館と観音正寺に設置されていて、私は観音正寺でゲットしました。
石寺楽市会館であれば、無料でスタンプをゲットできるかもしれません。
本ではこの2箇所だけになっていますが、ネットで調べてみたら、今は安土駅そばの
安土城郭資料館にも置いてあるようです。

私のガイドブックは8年前のもので、どうもスタンプ設置場所はだいぶ変更になっているようです。
特にスタンプが目的という人はどこにあるのか、しっかり確認されてから訪れることを
おすすめします。

スタンプゲットです。
DSC_0440.jpg


「百」は日本百名城
「し」は全国城郭管理協議会指定の城
<北海道>
 百   五稜郭   2002年10月16日 

<東北>
 百し  弘前城   2003年2月14日 

<関東>   
 百   八王子城 2010年12月17日 スタンプ取得
 百   江戸城   2010年12月17日 スタンプ取得
 百し  小田原城 2009年11月7日  スタンプ取得

<中部・北信越>
 百   山中城   2009年5月10日  スタンプ取得
 百し  掛川城   2009年4月26日  スタンプ取得
 百   駿府城   2009年3月15日  スタンプ取得
   し  浜松城   2008年9月13日 
      二俣城   2008年9月15日
 百し  松本城   2007年12月24日
      吉田城   2012年3月25日
 百し  岡崎城  2009年10月11日  スタンプ取得
 百し  名古屋城 2009年3月12日  スタンプ取得
   し  清洲城  2011年10月8日
 百し  犬山城  2008年7月1日   スタンプ取得
 百し  伊賀上野城 2008年2月17日 スタンプ取得
   し  津城    2009年10月11日
 百   松阪城  2009年10月11日 スタンプ取得
 百   岩村城  2008年7月12日  スタンプ取得
 百し  岐阜城  2008年7月11日  スタンプ取得
 
<関西>
 百し  彦根城  2012年10月6日 スタンプ取得
 百   安土城   2016年9月17日 スタンプ取得
 百  観音寺城 2016年9月17日 スタンプ取得
 百し  二条城  2003年4月26日
 百し  大阪城  2002年5月11日
 百し  竹田城  2003年9月9日
 百し 和歌山城  2003年9月10日
 百し  姫路城  2003年1月30日
 
<中国・四国>
 百し  松江城  2003年3月21日
 百   月山富田城 2003年3月20日
 百し  松山城  2004年2月17日
 百し  高知城  2005年7月10日
 百し  岡山城  2011年10月10日 スタンプ取得
 百   津山城  2011年10月10日 スタンプ取得

<九州・沖縄>
   し  小倉城  2004年4月1日
 百し  熊本城  2003年4月14日
 百し  首里城  2002年9月18日


前の3件 | -